もみじ動物病院だより
BLOG

珍客

こんにちは。

ご無沙汰しております。

 

先日、交通事故を起こしかけました……

細い道を運転中、道路の真ん中に何かが……!!!

 

慌てて急ブレーキ!!!!!

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

こんにちは。イシガメです。

Exif_JPEG_PICTURE

なんと道の真ん中にいたのは、ニホンイシガメでした!

 

 

ニホンイシガメは、日本の在来種で近年その個体数は減少しています。

準絶滅危惧種に指定されているそうです。

保護した場所は、池や川などはなかったので、近くの池を探して自然に返そうと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

なかなかのイケメンです(*^^*)

里親さん

ようやく秋らしい気候になってきましたね。

夜は肌寒いですが、昼間は涼しいおかげで動きやすいですね。

 

さて、以前保護され、当院でお預かりしていたグレーの子猫の里親さんが決まりました。

Exif_JPEG_PICTURE

病院でお預かりした当初は、200gしかなく、一時はご飯も食べれない時もありました。
しかし今では、700gを超え、元気いっぱいに遊んでいました。

待合室でお待ちの患者さんたちに抱っこしていただいたり、撫でていただいたり、たくさんの方にたくさんかわいがっていいただきました。

そんな中、少し前からお話しさせていただき、ご家族でも話し合われたようで、とても優しく明るいご家族のもとに決まりました。

愛猫ちゃんを病院に連れてきていただき、子猫とも会わせて様子もしっかりと確認されていました。

お世話していたのは1か月ほどでしたが、母親のような心境になりました。笑

うれしいけれどもさみしさもありますね……。

img_9240

やんちゃで好奇心旺盛で、怖いものは何もない!というような子ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

子猫の保護について。

こんにちは。涼しくなりましたね。

今回はノラ猫について書かせていただきます。

 

最近、ノラ猫の出産ラッシュです。

生まれたての子猫を保護され、動物病院に連れてこられる方がいます。

もちろん診療は行います。

しかし、「病院でどうにかしてください。」「病院で保護してください。」と言われる方がいらっしゃいますが、どうにもできないというのが現状です。

子猫を受け入れていると、他の病気の子が入院できなくなります。

子猫の世話で、他の病気の子の診療が十分にできなくなります。

本当に苦しんでいる子を救えなくなる可能性もあります。

 

先日も病院の裏にダンボールが置いてありました。

ダンボールの中には発泡スチロールの箱と布が入っていましたが、何もいませんでした。

しかし、細かいひっかき傷などがあり、おそらく子猫がいたのであろうと思います。

残念ながら、中にはおらず、近くを探しましたが、どこにもいませんでした。

 

拾われる場合はその命に責任を持ってください。

拾って、病院に預けておしまいではありません。

その子を飼われるのか、里親を探されるのか、その子が幸せになる方法を考えていただきたいと思います。

 

もちろん飼われる場合、里親を探される場合はしっかりとお手伝いさせていただきます。

サポートさせていただきます。

どうか預ける「だけ」はやめてください。

 

長くなってしまい、申し訳ありませんm(._.)m

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

トリミング&ホテル

こんばんわ!

今日は風が冷たかったですね。涼しく過ごせました(( ´∀`*))

 

パソコンがなかなか苦手なため、ブログ更新が遅くなっております。

申し訳ありません。

 

先日、可愛いポメラニアンのベッカムくんがトリミングとホテルで来てくださいました。

img_5527

トリマーさんにきれいにカットしてもらい、元気に病院のドッグランでお散歩中です。

当院には小さいながらも屋根付きのドッグランがございますので、雨の日も外でおトイレができるようにしております。

もちろん晴れの日はゆっくりお外で遊ぶことも可能です。

img_5526

ベッカムくん、カメラ目線がステキです。

 

 

 

トリミング、ホテルはご予約制ですので、ご希望の方はご連絡ください。

 

 

 

アメブロはこちら↓

http://ameblo.jp/momiji-jk